読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院事務総合職の日記帳

病院事務(総合職)のお仕事を愚痴りながら紹介します

言い方が悪いと言うだけの批判

医事課と企画課の兼務状態なので、経営状況や院内のベッドコントロールといった運用に口を出しまくり、新しい提案をしまくります。課題を解決するために、事業計画を達成するために。

現場の比較的若い職員や管理職は理解を示してくれ、協力してくれるんですが、経営幹部は決まってこう言います。

「言い方が悪い。」

つまり生意気ってことをなんでしょう。はたまたそんなことは分かっている、ということでしょうか。

でも、実際は、伝えれば現場は理解してくれ動いてくれます。分かっていたなら何故やらないのでしょうか?現場では(一部の部署を除いて)生意気な若造が言ったって動いてくれるわけですから、トップが言えばもっと早く動くと思います。

私の目標は事業計画達成です。計画達成して人事考課A評価以上をもらい、賞与も計画以上をもらうことです。その為に経営状況や院内の運用を徹底的に客観的に分析して課題を見つけ、問題解決のプロセスを考えます。そしてそれを伝えて、チェック&フォローをします。
数字をそのまま伝えるのが言い方が悪いと言いますが、そこをオブラートに包んでやんわりと言ったところで危機感まで伝わるのでしょうか?

ただ、現場に伝わってもトップには伝わっていないということですので、両方にしっかり伝わるように改善はしなければなりません。

普通逆だと思うんですけどね…