読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院事務総合職の日記帳

病院事務(総合職)のお仕事を愚痴りながら紹介します

FIM実績指数について

診療報酬

 

回復期リハビリテーション病棟を有する保険医療機関について、当該病棟におけるリハビリテーションの実績が一定の水準に達しない保険医療機関については、回復期リハビリテーション病棟入院料を算定する患者に対して1日に6単位を超えて提供される疾患別リハビリテーション料を、回復期リハビリテーション病棟入院料に包括する。

 

という改定です。

具体的には、過去6か月間のリハビリテーションの実績が1日平均6単位以上であって、退棟時のFIMから入棟時のFIMを引いた値を、入棟日数を標準的算定日数で割った値が27未満であった医療機関は、6単位を超える、つまり7単位目以上の疾患別リハ料を包括する、というものです。

 

事務的に言ってしまえば、FIM稼いでさっさと退院させれば問題ない、という話になりますが、それぞれの患者のゴール・目標等も考えると、リハビリテーション医療的にはそういうわけにもいかないでしょう。

 

 

一応、計算から除外してもよいとされる患者が以下の条件となっています。

  • FIM運動項目得点が20点以下
  • FIM運動項目得点が76点以上
  • FIM認知項目得点が25点未満
  • 年齢が80歳以上のもの

※上記4点は、月毎の入棟患者数の3割まで除外してもよいとされています。

高次脳機能障害はすべて除くか、すべて計算に入れるかのどちらか。

 

言ってしまえば、FIMで評価をした場合にリハビリテーションの効果が出にくい人たちは除外してもよい、ということになります。

ただし、除外する場合はその患者が入棟した月のレセプトを提出するまで、となっています。レセプトに除外する旨と理由を記載しなければなりません。

 

と、言うわけで現在当院ではだれがどうやって管理すんのか揉めております。

前月の段階で、こうやったらどうでしょう?という提案をして、システムが対応するまではそれでいきましょうか、みたいな流れになっています。

そっから上の人たちに任せてますが、話が進んでないみたいですね。

まいったねこりゃ。