読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院事務総合職の日記帳

病院事務(総合職)のお仕事を愚痴りながら紹介します

文句しか言わない人が多いこと…

忙しい!何とかしよう!

と思いませんか、普通。そう思えない人とは仕事したくないです。そもそも、正職員であるなら、生産性を高めようするのは普通、当たり前のことだと思うんですよね。この、忙しいから何とかしよう、というのは生産性を高めるのと同義だと思います。

 

生産性を高めようと思ったときに何を改善するか、と言ったらそれは「時間」「収益」「費用」です。

 

業務効率を上げて一つの仕事に対する時間を減らす

とにかく稼いで売り上げを上げる

残業を減らして残業代という費用を減らす

 

等々、例を挙げればキリが無いですが、まあ色々あります。医事課で言えば、外来患者1人に対する会計計算時間を減らしたり、レセプトのスピードを上げたり、算定漏れチェックを強化したり…

 

ただ、例えば、査定を減らすためにレセプト点検頑張ったけど残業が増えた、とか、そんな本末顛倒な状況に陥ってる人もいました。大体は、ちゃんとした計画を練っていなかったり、客観的に現状を捉えられていないことが原因です。

 

業務改善のポイントは、まずゴールをイメージすること、そして現状を客観的に捉えてゴールに向かってしっかりとした計画を練ること、です。

で、実際にやってみて、自分なりに評価をして、直せるとこは直していく…ということを繋げていく。

まあ、PDCAサイクルを回す、ということですね。どうやってやっていけばいいのかわからないなら、今は色んな本が出てるので読んで実践したり、上司とか先輩とかを使えば良いと思います。そこで断るような上司や先輩なら、その職場はきっとそこまでなんだと思います。

 

日々の仕事が忙しくてそんなことやってられないよ!と言う人もいます。でも、やってらんないくらい忙しいなら、やるべきなんです。

最初は苦しいかもしれませんが、その最初の一週間でも一ヶ月でも頑張れば、その後ずっとラクになりますよ。ラクになれば時間が作れて色んなことにチャレンジすることだってできます。

 

文句言ってもいいとは思いますけど、自分が動かないと何にも変わりません。文句だけ一丁前の人とは一緒に仕事したくないですね。