読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

病院事務総合職の日記帳

病院事務(総合職)のお仕事を愚痴りながら紹介します

医事課に最も必要なコト

医事課職員にとって最も重要なコトは何でしょうか?
早くて正確な医療費請求でしょうか?
正しいレセプト作成でしょうか?

私は接遇だと考えています。
病院に来る人は何かしら心身に問題がある人ばかりです。何でもかんでも優しくしろとは言いませんが、適切に医療を受けてもらうように、しっかりと訴えを聞き、適切な対応を心がける必要があると思います。
事務職員は医療の素人ですから、最も患者に近い視点で物事を考えられると思います。これは事務職員の強みにもなります。

また、接遇は対患者だけではなく、院内スタッフに対しても考えなければなりません。
医事課であれば、算定に際して他の職種と絡む場面がしばしばあります。基本的に医療職は、自分が提供する医療や使った材料の価格を知りませんし、お金(診療報酬)の話は煩わしくて聞きたくもない人も多いですから、それなりのコミュ力は求められてしまいます。接遇とはちょっと違いますがね。

まあそんなこんなで、やっぱり患者と目線を合わせること、気配りができることが大事だと思います。
事務職員は医療職でないので、クレームもつきやすいですし、病院に入って一番最初に応対するわけですから、なんかやらかせば印象にも残りやすいです。
是非ともウチの一部の事務職員にも意識してもらいたいものです。まあ、大抵は言えば理解してくれますが、返事だけの奴もいるんですよねぇ…